伊豆の国市・伊豆市の車検専門店|車検のコバック大仁店

車検のコバック
車検のコバック大仁店
車検のコバック大仁店
2016-05-28(土)
このたびの九州地方の震災により被害を受けられた皆様には、
お見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

東日本大震災からわずか5年で起こった熊本地震。
今回の地震で、自分のところもいつ・・・と改めて感じた方も多いのではないでしょうか?
今回は、車に関することを中心に、震災への備えについて考えてみましょう。

◎車の防災グッズ、積んでいますか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・震災は家にいる時に来るとは限らない。
・そこで、いつも使う車にもある程度の備えがあると安心。
・重量がかさむと燃費悪化の原因になるので、軽量コンパクトを基準に選ぶ。
・普段から使えるものであれば、なお良い。
・夏は高温になる車内に置くものなので、品質の劣化はこまめにチェックすること。


◎選ぶならこれ!最重要品はこれだ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・水・・・2Lを1本よりも、500mlを4本の方が使いやすい。
     劣化が心配なら、折り畳み式のウォータータンクを積んでおくと良い。
・食品・・・鍋無しで作れるカップ麺がおススメ。中身だけのリフィルタイプなら更にコンパクト。
・補食品・・・ビスケットや飴など、すぐ食べられるもの。チョコなど溶けやすいものは避けて。
・医薬品・・・持病の薬に加え、絆創膏・消毒液や何かと使える包帯もあると便利。
・作業用品・・・軍手は必須、布ガムテープ・新聞紙・懐中電灯も用意しよう。
・その他・・・調理に必要なマッチ(ライターは高温で破損の恐れがあり危険)。
       保温に役立つサバイバルシートに、底の厚いスニーカーもあると安心。
       ポリ袋も、調理や物入れ、ごみの密封など、何かと重宝。


◎貴重なガソリンを節約するために
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・いざ震災が起こると、しばらく物資の調達ができなくなることも。
・「ガソリン切れで車が動かない」という事にならないように、普段からガソリン節約を意識して。
・停止時にはエンジンを止める(アイドリングをしない)。
・長い下り坂では、エンジンブレーキを活用する。
・エアコンはなるべく使わない(日よけやサンシェードで夏場の高温対策を)。
・タイヤの空気圧を調整する(減っていると燃費が悪化)。
・バッテリーは定期的に交換する(古いと充電に必要なガソリン量が増える)。
・できるだけ、ヘッドライトやワイパーの作動が必要ない時間帯に車を使う。


◎エコノミークラス症候群を防ぐ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・避難所を避けて車で寝泊まりする人の心配は、エコノミークラス症候群。
・被災時だけでなく、長時間ドライブの時にも気を付けて予防したい。
・1時間にコップ半分くらいの水分を補給すること。
・足の指や甲を伸ばすなど、動かせる範囲でこまめに運動すること。
・長時間同じ姿勢を取らず、1時間に1回は歩くよう心掛ける。
・アルコールやカフェインの摂取は控えた方が良い。


被災された方からの「備え過ぎて困る、という事は絶対ない!」という言葉が身に染みます。
自宅でも、勤務先でも、移動中の車でも、できるだけの備えをしておきたいものです。
前の記事 次の記事
このページの先頭へ
インターネットでラクラク見積り受付中!!
車検のコバックQ&A

「名義が違う!」、「分割できる?」など、今までいただいた様々な質問をまとめました!

こちらをクリック!